忍者ブログ
このブログは、K1の平凡な日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。 あと、部屋は明るくしてパソコン、ケータイから3メートルは離れてみやがってください。
[271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この間の土曜日、みのりんが幕張で頑張ってる頃。
僕は進路説明会等の予定を終わらせ、横浜で劇場版BLOOD-C The Last Dark』を見に行ってきました(^v^)

80c3823f.jpeg











これから見に行くという方も多いと思うので、ネタバレを極力避けて感想書きたいと思います。


テレビ版のラストで、仲間たちに裏切られ、実験とされていたことを知った小夜は黒幕である七原文人を追うが、あと一歩というところで逃げられてしまう‥‥

今回の映画はこの続きとなっています!

「文人を探すため東京へと向かった小夜に、古きものや組織の人間が襲いかかる。」


ざっとした感想を言うと、バイオハザードの実写版のストーリーに限りなく近いですw
いや、これほんとにwww

でも、やっぱりバイオハザードと違うところはラストの「どんでんがえし」ですね。
血C特有の「どんでんがえし」には驚かされました^^;

あと安定のグロさ(;^ω^)


まだ見てない人はおたのしみに‥‥ニヤリ


音楽が龍馬伝等で有名な「佐藤直紀」さんだったのは驚きました。
あの人の作るBGMはホント大好きなのでw
サントラ欲しくなっちゃいますよー♪

テレビ版で作画がうんぬん言われてましたが、かなり良くなっていました!
CGが無理なく、きれいに使われていて臨場感が出ていました!

何より、スピード感があって良かったです!
ハラハラさせますねーあれは!


そして、奈々さんの演技力!!
「父様ー♪」なんて言ってた頃の小夜とはもう全く違う、ドスの効いた声で記憶のよみがえった本当の姿をカッコよく、クールに演じておりました!

そして、冷徹がゆえにたまに出る本当の気持ち‥‥揺れ動く気持ちの演じ方がまた良かった。

奈々さんだけでなく、他のメンバーも豪華声優陣で素晴らしかったです!


壮絶なラストのあとに流れる主題歌の「METRO BAROQUE
歌詞を味わいながら聴くと、今までの内容が頭の中を駆け抜けていきました。

なるほど‥‥やっぱり文人は‥‥

すごく高まりましたね~w胸がアツくなりましたよw


監督の言っていたとおり、一応この作品だけでも楽しめる内容ではありました。
ただ細かい部分が分からなくなるんで、やっぱりテレビ版を見るor小説を読むことは推奨します!


もう一回見に行けたらなぁーなんて思ってはいますが、なのはも見るとなると出費がね^^;
小説版を買ったり、後にDVD買ったりして楽しもうかと。


これから行こうかなとお考えの方。
ぜひ、いきましょう←

血Cまだ見たことないけど、見に行ってみたい
ぜひ、いきましょう←


まだまだ公開中なのでぜひぜひー!
公式サイトはこちら→http://blood-c-movie.jp/index.html


次回の奈々さん主演の作品は、なのは2nd!
早く見に行きたいな~(*´д`*)


ではではー(o・・o)/~









えっ、見たからネタバレ含んだ感想も聞きたいって?
では、「つづきはこちら」をクリックでw
少しだけ語ろうかなとw



拍手[0回]


では、少し。

サーラットの本拠地は、旧岩崎邸でしたね!
すっごく驚きましたし、みてて高まりましたwww

なんせ、うみねこの聖地巡礼でお世話になったところですもの(笑)

親近感が湧きますよねwww


聖地巡礼したいなーと思った方はこちら→「旧岩崎邸」http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/outline035.html
小夜たちが泊まった和室もちゃんとありましたよ~w



まさかの文人の従兄弟の裏切り‥
ラストの巨大な古きものは圧巻でしたね^^;

でも、あっさりと倒しちゃった気がwww
小夜強すぎるwww


結局、何も変わらなかった。
しかし、東京を自由にしたことは小夜のおかげ。

小夜は闇に隠れて生きるしかない悲しき運命‥‥
なんか妖怪人間ベムを彷彿とさせました(´;ω;`)

強い意志で、仲間を変えた優しい存在なのに。


そして、「勝者には褒美を。敗者には罰を。」


罰は負けた文人が死ぬこと、では褒美とは一体なんだったのだろうか?

小夜への愛だったのかもしれないですね。


本当はあの二人は愛し合うはずの関係だったのかも。
ここは多くを語らず、視聴者に投げかける形にしたのでしょう。


そんな、人間の儚いところを描いたダークSFだったということで。



主題歌の

深紅の月傘が照らし出す真実に
脆く崩れ去る夢を闇へと突き立てる
教えて永遠のその先があるなら何も要らない
道しるべはあなただけ

貴方を呼ぶのは誰…?
姿のない罪に囚われてさ迷う独り
瞬きも出来ないほど注がれる愛に
戸惑いながら溺れてしまいそう



この部分、やっぱり文人への思いですよね。
憎むべき敵でもあるのに、こう思ってしまう…

あるいは…

色んな解釈ができそうですねw



っと、マジレスになってしまいましたね(笑)

そんな感じで、ここまで読んで下さった方ありがとうございました。
そして、駄文ですみませんm(_ _)m

ここまで読んでくださった方、出来たら映画見て感じたこと、さきほど自分が述べたラストの解釈等コメントに書いていただけると嬉しいなと思いますw


それでは、また(o・・o)/~





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
時計
↑唯ちゃん推しなんで唯にしてくれると、それはとっても嬉しいなって
最新コメント
[05/05 Charlesnack]
[03/12 Michaelfake]
[03/12 ssdfsnack]
[07/20 ユッきぃ]
[06/25 カルマ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
K1 (け~いち)
年齢:
23
性別:
男性
誕生日:
1994/07/01
職業:
学生
趣味:
読書、ギター、音楽、カードゲームなどなど
自己紹介:
どうもK1(け~いち)と申します!ツイッターでは「いちりん」と呼ばれることもw

twitter:K10701
Skype:k107017th

↑気軽にどうぞ♪

声優ずきで中でも特に、茅原実里さん、水樹奈々さん、三森すずこさん、豊崎愛生ちゃんが大好き!!
遊戯王、ヴァンガード、ヴァイスシュバルツやってます!

好きなアニメいっぱいあるけど、特に「魔法少女リリカルなのはシリーズ」、「涼宮ハルヒの憂鬱」、ロボットアニメが好き!

長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)やフェイト・テスタロッサ(魔法少女リリカルなのは)、ジャック・アトラス(遊戯王5d's)を愛してやまない人です(笑)

こんなやつですが、おしゃべりが結構好きな方なのでコメント気軽にしてください!返信しますよ~(≧∇≦)/

リリカルマジカル頑張ります!!
よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ついったー
人気ホームページランキング
↓クリックお願いします
blogram投票ボタン
忍者ブログ [PR]